○ ImageMagickのインストール

・ImageMagickで画像を操作します
・ImageMagick-6.7.0をソースからインストールし、設定します
・多くを望むならCentOSのrpmパッケージを使いましょう
・LIBRARYのSOヴァージョンが"4"になっています
・make はメンテナンスマシンで行っています

・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:ImageMagick-6.7.0-10.tar.bz2  (http://www.imagemagick.org/)
:jasper-1.900.1-16.fc14.src.rpm  (http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/)

○参照ファイル

パッケージの追加
最初の設定 (Xen)

○インストール環境

:OS CentOS 5.6
:selinux disabled or permissive
:インストール先 
:作業 /usr/src
:言語 LANG=en_US.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○jasper-1.900.1

○ソースのビルド・インストール

・fedoraのパッケージをCentOS用にアレンジします
・md5チェックができないので、--nomd5オプションでインストールします

# cd /usr/src
[root@jupiter:/usr/src]
# mkdir jasper
# rpm -ivh --nomd5 jasper-1.900.1-16.fc14.src.rpm
# cd redhat/SPECS
[root@jupiter:/usr/src/redhat/SPECS]
# rpmbuild -ba --clean --rmsource --define 'dist .C56' jasper.spec
# mv jasper.spec /usr/src/jasper
# cd ../RPMS/i386
[root@jupiter:/usr/src/redhat/RPMS/i386]

・作成されたパッケージ
 jasper-1.900.1-16.C56.i386.rpm
 jasper-devel-1.900.1-16.C56.i386.rpm
 jasper-libs-1.900.1-16.C56.i386.rpm
 jasper-utils-1.900.1-16.C56.i386.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm /usr/src/jasper
# cd ../../SRPMS
[root@jupiter:/usr/src/redhat/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 jasper-1.900.1-16.C56.src.rpm

# mv *.rpm /usr/src/jasper

・インストール

# cd /usr/src/jasper
[root@jupiter:/usr/src/jasper]
# rpm -Uvh jasper-*.i386.rpm

○キャッシュ情報の更新と確認

# cd ~
[root@jupiter:~]
# ldconfig
# ldconfig -p | grep jasper



○ImageMagick-6.7.0

○ソースの展開・インストール

・configure結果を確認すること

# cd /usr/src
[root@jupiter:/usr/src]
# tar jxvf ImageMagick-6.7.0-10.tar.bz2
# chown -R root:root ImageMagick-6.7.0-10
# cd ImageMagick-6.7.0-10
[root@jupiter:/usr/src/ImageMagick-6.7.0-10]
# make distclean
# ./configure CFLAGS="-O2 -march=pentium3" \
CXXFLAGS="-O2 -march=pentium3" \
--sysconfdir=/etc --with-perl

・CFLAGS="-O2 -march=pentium3" (CPU最適化オプション)
・CXXFLAGS="-O2 -march=pentium3" (CPU最適化オプション)
・該当しない場合は指定しない

# make
# make uninstall
# make install
# cd /usr/src
[root@jupiter:/usr/src]
# tar jcf ImageMagick-6.7.0-110707.tar.bz2 ImageMagick-6.7.0-10/

○selinuxヘの対応 (selinuxが有効の場合)

・新規インストールファイルのselinuxラベルを修正

# cd ~
[root@jupiter:~]
# restorecon -Rv /usr/share/man
# restorecon -Rv /usr/local
# restorecon -Rv /usr/lib/perl5

○キャッシュ情報の更新と確認

・/usr/local/libの設定がされているなら、ldconfigのみ実行します

[root@jupiter:~]
# echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/usrlocal.conf
# ldconfig
# ldconfig -p | grep Magick
        libMagickWand.so.4 (libc6) => /usr/local/lib/libMagickWand.so.4
        libMagickWand.so (libc6) => /usr/local/lib/libMagickWand.so
        libMagickCore.so.4 (libc6) => /usr/local/lib/libMagickCore.so.4
        libMagickCore.so (libc6) => /usr/local/lib/libMagickCore.so
        libMagick++.so.4 (libc6) => /usr/local/lib/libMagick++.so.4
        libMagick++.so (libc6) => /usr/local/lib/libMagick++.so

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.