○ webminのインストール(参考)

・webブラウザからアクセスし、サーバの設定をします
・webmin-1.300をソースからインストールし、設定します
・ログイン後、ユーザの変更とアドレス制御の設定をすること

・新規インストールした openssl を使います
・Net_SSLeayをインストールします
・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:webmin-1.300.tar.gz (http://webmin.ispace.co.jp/)
:Net_SSLeay.pm-1.30.tar.bz (http://symlabs.com/Net_SSLeay/)

(http://www.cpan.org/modules/by-module/Net/)

○参照ファイル

パッケージの追加
最初の設定 (Xen)
openssl のインストール

○インストール環境

:OS CentOS 4.4
:selinux disabled or permissive
:インストール先 webmin /usr/local/webmin-1.300

Net_SSLeay
:作業 /usr/src /usr/local
:言語 LANG=en_US.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスは一般ユーザから行います



○Net_SSLeay.pm-1.30

○ソースの展開・インストール

・新規インストールしたopensslライブラリをリンクします
・Makefile.PLでopensslのインストール先を指定します

# cd /usr/src
[root@jupiter:/usr/src]
# tar zxvf Net_SSLeay.pm-1.30.tar.gz
# chown -R root:root Net_SSLeay.pm-1.30
# cd Net_SSLeay.pm-1.30
[root@jupiter:/usr/src/Net_SSLeay.pm-1.30]
# ./Makefile.PL /usr/local

・最適化オプション
・Makefileの修正 (変更追加分)
・OPTIMIZE=-O2 -march=pentium3 (CPU最適化オプション)
・該当しない場合は指定しない

# vi Makefile

# make
# make install

○selinuxへの対応 (有効の場合)

:新規インストールファイルのselinuxラベルを修正

# cd ~
[root@jupiter:~]
# restorecon -R /usr/lib/perl5
# restorecon -R /usr/share/man



○webmin-1.300

○ソースの展開・インストール

・webmin-1.300ディレクトリを削除しないこと!
・Xinetdから起動する場合でも、Start webmin at boot time : y と答えること!

# cp webmin-1.300.tar.gz /usr/local
# cd /usr/local
[root@jupiter:/usr/local]
# tar zxvf webmin-1.300.tar.gz
# chown -R root:root webmin-1.300
# cd webmin-1.300
[root@jupiter:webmin-1.300]

# ./setup.sh

・・・・・・・・
Configfile directory [/etc/webmin]:
Logfile directory [/var/webmin]:
Full path to perl (default /usr/bin/perl):
**********************************************
Operating system name:    CentOS Linux
Operating system version: 4.4
**********************************************
Web server port (defult 10000):
Login name (default admin): root
Login password:← パスワードを入力
Password again:← 再入力
Use SSL (y/n): y
Start webmin at boot time (y/n): y

○日本語表示のバグ修正

・ファイルマネージャーが文字化けする場合
・/usr/local/webmin-1.300/file/lang/のファイル名を変更します
・ja_JP.UTF-8またはja_JP.euc (webminの言語で設定)
・ファイルマネージャーはデフォルトの英語表示になります

ja_JP.UTF-8 → ja_JP.UTF-8.ORG など

○selinuxへの対応 (有効の場合)

:新規インストールファイルのselinuxラベルを修正

# cd ~
[root@jupiter:~]
# restorecon -R /etc
# restorecon -R /usr/local



○xinetdからwebminを起動

○confファイルの修正

・webminサイトのFAQを参考にしています
・webminを停止します
・/etc/webmin/miniserv.confを修正します

[root@jupiter:~]
# service webmin stop
# chkconfig --del webmin

# vi /etc/webmin/miniserv.conf

・miniserv.conf
 inetd=1 (追加)
 session=0 (変更)


○xinetd制御ファイル

・flags = NOLIBWRAPでhost.allowの制御を無効にします
・server、server_argsは自分の環境に合わせて下さい

: /etc/xinetd.d/webmin (root root 644)

service webmin
{
    disable     = no
    flags       = NOLIBWRAP
    user        = root
    env         = LANG=
    port        = 10000
    socket_type = stream
    protocol    = tcp
    wait        = no
    type        = UNLISTED
    server      = /usr/local/webmin-1.300/miniserv.pl
    server_args = /etc/webmin/miniserv.conf
}

○xinetdの再起動

[root@jupiter:~]
# service xinetd restart

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.