○ CFカードの書込回数制限への対応

・使用するエディタは個人の使い慣れたものを使用してください
・エディタのコマンドは略します
・Enterキーを省略します
・2ndマシンの操作は略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○インストール環境

:OS CentOS 6.x
:selinux disabled or permissive
:作業 /etc
:言語 LANG=en_US.UTF-8
:ユーザー  rootで実行

・メンテナンスは一般ユーザから行います



○CFカードの書込回数制限への対応

○/etc/fstabの修正

・CentOS 6.xでは デフォルトで relatime が有効になっています
・relatime は atime データを維持しますが、ファイルがアクセスされる度ではなく
・atime データは、その最後の更新以降にファイルが変更された場合 (mtime) か
・または一定の時間 (デフォルト1日) 以上前にファイルがアクセスされた場合にのみ
・ディスクに書き込まれます

・動的に変化するディレクトリをtmpfs(メモリ上に作成される)に設定します
・tmpfsはデフォルトで物理メモリの半分まで使用します

・再起動するとtmpfsのデータが失われます、再起動の前にコピーしておきます

/dev/sda3    /           ext4    defaults          1 1
/dev/sda1    /boot       ext4    defaults          1 2
/dev/sda2    swap        swap    defaults          0 0
tmpfs        /dev/shm    tmpfs   defaults          0 0
devpts       /dev/pts    devpts  gid=5,mode=620    0 0
sysfs        /sys        sysfs   defaults          0 0
proc         /proc       proc    defaults          0 0
tmpfs        /var/log    tmpfs   defaults          0 0
tmpfs        /var/cache  tmpfs   defaults          0 0
tmpfs        /tmp        tmpfs   defaults          0 0

○/etc/rc.d/rc.local

・cronの実行やlogrotateの実行に必要なファイルやディレクトリの作成
・rc.localの最後に追記します

if [ ! -d /var/cache/man ]
then
mkdir /var/cache/man
restorecon -R /var/cache/man
fi

if [ ! -d /var/log/ConsoleKit ]
then
mkdir /var/log/ConsoleKit
fi

if [ ! -d /var/log/conman ]
then
mkdir /var/log/conman
restorecon -R /var/log/conman
fi

if [ ! -d /var/log/conman.old ]
then
mkdir /var/log/conman.old
restorecon -R /var/log/conman.old
fi

if [ ! -d /var/log/prelink ]
then
mkdir /var/log/prelink
restorecon -R /var/log/prelink
fi

if [ ! -e /var/log/sa ]
then
mkdir /var/log/sa
restorecon -R /var/log/sa
fi

if [ ! -e /var/log/lastlog ]
then
touch /var/log/lastlog
restorecon /var/log/lastlog
fi

○/etc/rc.d/init.d/haldaemon

・省略

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# cache directory check
if [ ! -d /var/cache/hald ]
then
mkdir -m 700 /var/cache/hald
chown haldaemon:haldaemon /var/cache/hald
restorecon -R /var/cache/hald
fi

# so we can rearrange this easily
processname=hald
servicename=haldaemon

・省略


○/proc/sys/vm/drop_caches

・kernel-2.6.16以降で有効な、vm.drop_cachesに書き込みを行う
・クリーンなキャッシュ、dentry、inode をメモリ上から外し、メモリを解放する
・ダーティな (dirty) オブジェクトは解放されないので、最初に sync を実行しておく
・sync は書込を伴うので、free でメモリの使用状況を確認しながら行う

・[0] 初期値
・[1] ページキャッシュ解放
・[2] dentry、inode 解放
・[3] ページキャッシュ、dentry、inode 解放

[root@venus ~]
# sync
# echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches
# echo 0 > /proc/sys/vm/drop_caches

・または

# sync
# sysctl -w vm.drop_caches=3
# sysctl -w vm.drop_caches=0

・swapメモリのクリア

# swapoff -a
# swapon -a

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.