○ ImageMagickのインストール

・ImageMagickで画像を操作します
・ImageMagick-6.9.8-3をソースからインストールし、設定します
・"MAGICK_LIBRARY_CURRENT=4" に上がっています
・"MAGICKPP_LIBRARY_CURRENT=7" に上がっています
・jasperをサポートしないのでlcms2,openjpeg2をいれます
・make はメンテナンスマシンで行っています

・多くを望むならCentOSのrpmパッケージを使いましょう

・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:ImageMagick-6.9.8-3.tar.xz  (http://www.imagemagick.org/)
  (http://www.imagemagick.org/download/)

○参照ファイル

パッケージの追加
最初の設定 (Xen)

○インストール環境

:OS CentOS 6.9
:selinux disabled or permissive
:インストール先 
:作業 ~/src
:言語 LANG=en_US.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○ImageMagick-6.9.8-3

・jasperをサポートしないのでlcms2,openjpeg2をいれます
・epel.repoでサポートしてるのでepelからyumで入れます

○lcms2・openjpeg2のインストール

# yum install epel-release
# yum erase lcms2-devel lcms2-utils lcms2
# yum install lcms2-devel lcms2-utils lcms2 --enablerepo=epel
# yum erase openjpeg2-devel openjpeg2-tools openjpeg2
# yum install openjpeg2-devel openjpeg2-tools openjpeg2 --enablerepo=epel

○ソースの展開・インストール

・ファイルはサイトのdownload → source → mirrorsをたどって探します
・configureの結果を確認しましょう

# cd ~/src
[root@jupiter:~/src]
# tar Jxvf ImageMagick-6.9.8-3.tar.xz
# chown -R root:root ImageMagick-6.9.8-3
# cd ImageMagick-6.9.8-3
[root@jupiter:~/src/ImageMagick-6.9.8-3]
# make distclean

# ./configure --sysconfdir=/etc --with-perl

・configureの結果

Options used to compile and link:
  PREFIX          = /usr/local
  EXEC-PREFIX     = /usr/local
  VERSION         = 6.9.8
  CC              = gcc -std=gnu99 -std=gnu99
  CFLAGS          = -I/usr/include/libxml2 -I/usr/include/libpng12 -I/usr/include/openjpeg-2.1 -I/usr/include/freetype2 -fopenmp -g -O2 -Wall -mtune=pentium3 -fexceptions -pthread -DMAGICKCORE_HDRI_ENABLE=0 -DMAGICKCORE_QUANTUM_DEPTH=16
  CPPFLAGS        = -DMAGICKCORE_HDRI_ENABLE=0 -DMAGICKCORE_QUANTUM_DEPTH=16 
  PCFLAGS         = 
  DEFS            = -DHAVE_CONFIG_H
  LDFLAGS         =  
  LIBS            = 
  CXX             = g++
  CXXFLAGS        = -g -O2 -pthread
  FEATURES        = DPC Cipher OpenMP
  DELEGATES       = bzlib mpeg fontconfig freetype jng jpeg lcms openjp2 png tiff x xml zlib

・コンパイル

# make

・インストール (アップデートは別項参照)

# make install
# cd ~/src
[root@jupiter:~/src]
# tar jcf ImageMagick-6.9.8-170412.tar.bz2 ImageMagick-6.9.8-3/

○アップデート

・新規インストールの場合は、次項へ進みます
・ソースの展開・コンパイルの表記は略します

# cd ~/src/ImageMagick-6.9.8-3
[root@jupiter:~/src/ImageMagick-6.9.8-3]
# make uninstall
# make install

・キャッシュ情報の更新と確認

# ldconfig
# ldconfig -p | grep Magick

○selinuxヘの対応 (selinuxが有効の場合)

・新規インストールファイルのselinuxラベルを修正

# cd ~
[root@jupiter:~]
# restorecon -Rv /usr/share/man
# restorecon -Rv /usr/local
# restorecon -Rv /usr/lib/perl5

○キャッシュ情報の更新と確認

・/usr/local/libの設定がされているなら、ldconfigのみ実行します

[root@jupiter:~]
# echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/usrlocal.conf
# ldconfig
# ldconfig -p | grep Magick
	libMagickWand-6.Q16.so.4 (libc6) => /usr/local/lib/libMagickWand-6.Q16.so.4
	libMagickWand-6.Q16.so (libc6) => /usr/local/lib/libMagickWand-6.Q16.so
	libMagickCore-6.Q16.so.4 (libc6) => /usr/local/lib/libMagickCore-6.Q16.so.4
	libMagickCore-6.Q16.so (libc6) => /usr/local/lib/libMagickCore-6.Q16.so
	libMagick++-6.Q16.so.7 (libc6) => /usr/local/lib/libMagick++-6.Q16.so.7
	libMagick++-6.Q16.so (libc6) => /usr/local/lib/libMagick++-6.Q16.so

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.