○ uw-imapのインストール

・imap-2007fをソースからインストールします

・新規インストールした openssl を使います
・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:imap-2007f.tar.gz (http://www.washington.edu/imap/)

○参照ファイル

パッケージの追加
最初の設定 (Xen)
opensslのインストール

○インストール環境

:OS CentOS 6.7
:selinux disabled or permissive
:インストール先 
:作業 ~/src ~/rpmbuild
:言語 LANG=en_US.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○imap-2007f

○ソースの展開・インストール

・EXTRACFLAGSオプション、該当しない場合は指定しない
・sslはデフォルトでは/usr/local/sslに設定されています

# cd ~/src
[root@jupiter:~/src]
# tar zxvf imap-2007f.tar.gz
# chown -R root:root imap-2007f
# cd imap-2007f
[root@jupiter:~/src/imap-2007f]

・Makefileの修正 (下記参照)

# vi src/osdep/unix/Makefile

# make lnp EXTRACFLAGS="-O2 -march=i686 -mtune=atom" IP=6

・sharedライブラリを作ります

# cd c-client
[root@jupiter:~/src/imap-2007f/c-client]
# gcc -shared -o c-client.so *.o

・ファイルをコピーします

# cp c-client.a /usr/local/lib
# cp c-client.so /usr/local/lib
# cp c-client.h env.h env_unix.h fs.h ftl.h imap4r1.h \
linkage.h mail.h misc.h nl.h nntp.h osdep.h rfc822.h \
smtp.h tcp.h utf8.h utf8aux.h /usr/local/include

・シンボリックリンクを作ります

# cd /usr/local/lib
[root@jupiter:/usr/local/lib]
# ln -s c-client.a libc-client.a
# ln -s c-client.so libc-client.so
# cd ~/src
[root@jupiter:~/src]
# tar jcvf imap-2007f-150818.tar.bz2 imap-2007f/

:imap-2007f/src/osdep/unix/Makefile

・-部分 を +部分 にエディタで修正します(-+は書き込まない)

--- imap-2007f.orig/src/osdep/unix/Makefile	2011-07-23 09:20:10.000000000 +0900
+++ imap-2007f/src/osdep/unix/Makefile	2014-01-02 14:44:38.000000000 +0900
@@ -54,11 +54,11 @@ GCC4CFLAGS= $(GCCCFLAGS) -Wno-pointer-si
 
 # Extended flags needed for SSL.  You may need to modify.
 
-SSLDIR=/usr/local/ssl
+SSLDIR=/etc/pki/tls
 SSLCERTS=$(SSLDIR)/certs
-SSLKEYS=$(SSLCERTS)
-SSLINCLUDE=$(SSLDIR)/include
-SSLLIB=$(SSLDIR)/lib
+SSLKEYS=$(SSLDIR)/private
+SSLINCLUDE=/usr/include/openssl
+SSLLIB=/usr/lib
 
 SSLCRYPTO=-lcrypto
 
@@ -96,11 +96,11 @@ CHECKPW=std
 LOGINPW=std
 SIGTYPE=bsd
 CRXTYPE=std
-ACTIVEFILE=/usr/lib/news/active
-SPOOLDIR=/usr/spool
+ACTIVEFILE=/var/lib/news/active
+SPOOLDIR=/var/spool
 MAILSPOOL=$(SPOOLDIR)/mail
 NEWSSPOOL=$(SPOOLDIR)/news
-RSHPATH=/usr/ucb/rsh
+RSHPATH=/usr/bin/rsh
 MD5PWD=/etc/cram-md5.pwd
 # Tries one of the test alternatives below if not specified.
 LOCKPGM=

○selinuxヘの対応 (selinuxが有効の場合)

・新規インストールファイルのselinuxラベルを修正

# cd ~
[root@jupiter:~]
# restorecon -Rv /usr/local

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.