○ gftpのアップグレード・設定

・最新版は日本語メッセージの調整がされていませんので、英語表記の部分が残ります

・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:gftp-2.0.19.tar.gz  ( http://gftp.seul.org/ )

○インストール環境

:OS CentOS 5.4
:selinux disabled or permissive
:インストール先 
:作業 /usr/src
:言語 LANG=ja_JP.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○アップグレード

・gtk2-develを必要とします

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# mkdir gftp
# tar zxf gftp-2.0.19.tar.gz
# cp gftp-2.0.19.tar.gz redhat/SOURCES
# cp gftp-2.0.19/gftp.spec redhat/SPECS
# rm -rf gftp-2.0.19
# cd redhat/SPECS
[root@mars:/usr/src/redhat/SPECS]

・specファイルの修正 (下記参照)

# vi gftp.spec

# rpmbuild -ba --clean --rmsource gftp.spec
# mv gftp.spec /usr/src/gftp
# cd ../RPMS/i386
[root@mars:/usr/src/redhat/RPMS/i386]

・作成されたパッケージ
 gftp-2.0.19-1.C54.i386.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm /usr/src/gftp
# cd ../../SRPMS
[root@mars:/usr/src/redhat/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 gftp-2.0.19-1.C54.src.rpm

# mv *.rpm /usr/src/gftp

・インストール

# cd /usr/src/gftp
[root@mars:/usr/src/gftp]
# rpm -Uvh gftp-2.0.19-1.C54.i386.rpm

:gftp.spec

紫色文字 変更部分

%define     name    gftp
%define     version 2.0.19
%define     release 1.C54
#%define    serial  1
%define     prefix  /usr

Summary:    Multithreaded FTP client for X Windows
Name:       %{name}
Version:    %{version}
Release:    %{release}
#Serial:    %{serial}
#Copyright: GPL
License:    GPL
Group:      Applications/Internet
Url:        http://www.gftp.org/
Vendor:     Brian Masney<masneyb@gftp.org>
Source:     http://www.gftp.org/%{name}-%{version}.tar.gz
Packager:   Brian Masney <masneyb@gftp.org>
BuildRoot:  /var/tmp/%{name}-%{version}-root
#Requires:  gtk+ >= 1.2.3
Requires:   gtk2
BuildRequires: gtk2-devel

・省略

%{prefix}/share/gftp
%{prefix}/share/applications/gftp.desktop
%{prefix}/share/pixmaps/gftp.png
#%{prefix}/man/*/gftp.*
%{prefix}/share/man/*/gftp.*
%{prefix}/share/locale/*/LC_MESSAGES/gftp.mo



○設定

・gFTPの設定をします
・設定は $Home/.gftp/gftprcに記録されます

○オプションの設定

・ssh接続でCipersにarcfour256を使用するようにオプションの設定をしています
・鍵認証はCPUパワーに影響されるので、暗号化が高速なCipersを選択しています
・クライアントが優先されるので、問題がある場合はsshd_config(openssh)で調整します

:ネットワーク

FTP→オプション→ネットワークを選択します
IPv6に対応しているFTPサーバは少ないので
"Enable IPv6 support"のチェックをはずします

:SSH

FTP→オプション→SSHを選択します
SSH 引数: -o Ciphers=arcfour256
"SSH ユーザ名/パスワードを要求する"のチェック
(アクセス時に公開鍵認証のパスフレーズを入力します)

:$Home/.gftp/gftprc (部分省略)

・行末に履歴が記録されます
・必要ないものを削除すれば、選択画面から消えます

# Enable IPv6 support
enable_ipv6=0
# SSHプログラムに引き渡す引数です
ssh_extra_params=-o Ciphers=arcfour256
# SSH接続用のユーザ名/パスワードを要求します
ssh_need_userpass=1
#ホスト・ポート・ユーザの履歴です
hosthistory=192.168.0.1
hosthistory=192.168.0.2
hosthistory=ftp.riken.jp
hosthistory=ftp.mozilla-japan.org
hosthistory=ftp.freebsd.org
hosthistory=ftp.kddlabs.co.jp
hosthistory=mirrors.kernel.org
porthistory=21
porthistory=22
userhistory=sola
userhistory=root
userhistory=anonymous

○操作

○ファイルのソート

[ファイル名][サイズ][ユーザ][グループ][日付][属性]をクリックすると、
クリックしたものが優先されてソートされます

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.