○ SCIM+ANTHYのインストール

・日本語入力にSCIM+ANTHYを使う

・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:anthy-7900-1.fc4.src.rpm ( http://mirrors.kernel.org/fedora/extras/4/)
:kasumi-1.0-1.fc4.src.rpm
:scim-1.4.4-1.fc4.src.rpm
:scim-anthy-1.2.0-1.fc4.src.rpm

○インストール環境

:OS CentOS 4.4
:selinux disabled or permissive
:インストール先 /usr/local
:作業 /usr/src
:言語 LANG=ja_JP.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○rebuildに必要な開発パッケージ

・specファイルに記述されているものです
・さらに、依存関連のパッケージを要求されます

:anthy

BuildRequires: automake autoconf
BuildRequires: emacs xemacs

:kasumi

BuildRequires: desktop-file-utils, gtk2-devel

:scim

BuildRequires: gtk2-devel,desktop-file-utils
Buildrequires: gettext-devel

:scim-anthy

BuildRequires: scim-devel
BuildRequires: anthy-devel gettext-devel automake libtool



○rebuild & インストール

:anthy

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# mkdir anthy
# rpm -ivh anthy-7900-1.fc4.src.rpm
# cd redhat/SPECS
[root@mars:/usr/src/redhat/SPECS]

・specファイルの修正
 Release: 1.C44

# vi anthy.spec

# rpmbuild -ba anthy.spec
# cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
[root@mars:/usr/src/redhat/RPMS/i386]

・作成されたパッケージ
 anthy-7900-1.C44.i386.rpm
 anthy-devel-7900-1.C44.i386.rpm
 anthy-el-7900-1.C44.i386.rpm
 anthy-el-xemacs-7900-1.C44.i386.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm /usr/src/anthy
# cd ../../SRPMS
[root@mars:/usr/src/redhat/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 anthy-7900-1.C44.src.rpm

# mv *.rpm /usr/src/anthy

・必要の無くなったファイルを削除します

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# rm -rf redhat/BUILD/*
# rm -f redhat/SOURCES/*
# rm -f redhat/SPECS/*

・インストール

# cd anthy
[root@mars:/usr/src/anthy]
# rpm -Uvh anthy-devel* anthy-el-7900* anthy-7900-1.C44.i386.rpm

:kasumi

・kasumi-2.0のbuildにはgtk2-2.6が必要

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# mkdir kasumi
# rpm -ivh kasumi-1.0-1.fc4.src.rpm
# cd redhat/SPECS
[root@mars:/usr/src/redhat/SPECS]

・specファイルの修正
 Release: 1.C44

# vi kasumi.spec

# rpmbuild -ba kasumi.spec
# cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
[root@mars:/usr/src/redhat/RPMS/i386]

・作成されたパッケージ
 kasumi-1.0-1.C44.i386.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm /usr/src/kasumi
# cd ../../SRPMS
[root@mars:/usr/src/redhat/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 kasumi-1.0-1.C44.src.rpm

# mv *.rpm /usr/src/kasumi

・必要の無くなったファイルを削除します

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# rm -rf redhat/BUILD/*
# rm -f redhat/SOURCES/*
# rm -f redhat/SPECS/*

・インストール

# cd kasumi
[root@mars:/usr/src/kasumi]
# rpm -Uvh kasumi-1.0-1.C44.i386.rpm

:scim

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# mkdir scim
# rpm -ivh scim-1.4.4-1.fc4.src.rpm
# cd redhat/SPECS
[root@mars:/usr/src/redhat/SPECS]

・specファイルの修正
 Release: 1.C44

# vi scim.spec

# rpmbuild -ba scim.spec
# cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
[root@mars:/usr/src/redhat/RPMS/i386]

・作成されたパッケージ
 scim-1.4.4-1.C44.i386.rpm
 scim-devel-1.4.4-1.C44.i386.rpm
 scim-doc-1.4.4-1.C44.i386.rpm
 scim-libs-1.4.4-1.C44.i386.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm /usr/src/scim
# cd ../../SRPMS
[root@mars:/usr/src/redhat/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 scim-1.4.4-1.C44.src.rpm

# mv *.rpm /usr/src/scim

・必要の無くなったファイルを削除します

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# rm -rf redhat/BUILD/*
# rm -f redhat/SOURCES/*
# rm -f redhat/SPECS/*

・インストール

# cd scim
[root@mars/usr/src/scim]
# rpm -Uvh scim-devel* scim-libs* scim-1.4.4-1.C44.i386.rpm

:scim-anthy

# cd /usr/src
[root@mars:/usr/src]
# mkdir scim-anthy
# rpm -ivh scim-anthy-1.2.0-1.fc4.src.rpm
# cd redhat/SPECS
[root@mars/usr/src/redhat/SPECS]

・specファイルの修正
 Release: 1.C44

# vi scim-anthy.spec

# rpmbuild -ba scim-anthy.spec
# cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
[root@mars:/usr/src/redhat/RPMS/i386]

・作成されたパッケージ
 scim-anthy-1.2.0-1.C44.i386.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm /usr/src/scim-anthy
# cd ../../SRPMS
[root@mars:/usr/src/redhat/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 scim-anthy-1.2.0-1.C44.src.rpm

# mv *.rpm /usr/src/scim-anthy

・必要の無くなったファイルを削除します

# cd /usr/src
[root@mars :/usr/src]
# rm -rf redhat/BUILD/*
# rm -f redhat/SOURCES/*
# rm -f redhat/SPECS/*

・インストール

# cd scim-anthy
[root@mars/usr/src/scim-anthy]
# rpm -Uvh scim-anthy-1.2.0-1.C44.i386.rpm



○SCIM+ANTHYの設定

・コマンドラインから設定します

# cd ~
[root@mars:~]
# alternatives --config xinput-ja_JP

5 プログラムがあり 'xinput-ja_JP'を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1           /etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf
   2           /etc/X11/xinit/xinput.d/kinput2-canna
   3           /etc/X11/xinit/xinput.d/kinput2-wnn
   4           /etc/X11/xinit/xinput.d/skkinput
   5           /etc/X11/xinit/xinput.d/scim

Enterを押して現在の選択[+]を保持するか、選択番号を入力します:5

・iiimとcannaを停止します

[root@mars:~]
# service canna stop
# chkconfig canna off
# service iiim stop
# chkconfig iiim off

・ホットキーの変更

[個人設定] → [他の個人設定] → [SCIM入力メソッドの設定] を選択
[フロントエンド] → [全体設定] → [ホットキー] → [開始/終了]
[・・・] をクリック
[キーコード: space] [モディファイア: Sift] を選択
[追加]をクリック
[キーコード:] → [・・・] をクリック
[全角/半角キー] を押す
[追加] をクリック
[設定済みのキー] → [Ctrl+space] を選択
[削除]をクリック

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.