○ Gnome-terminalの設定

○gnome-terminalのカスタマイズ

・gnome端末を自分流にカスタマイズします
・CentOS 6.x の場合です

gnome端末1

[編集]→[プロファイル]で開きます
[新規]をクリックして適当な名前を付けます
[編集]をクリックします
設定が終了したら[新しい端末・・]を自分のプロファイルに指定します

gnome端末2

[全般]を選択します
デフォルトのフォントだと小さいので変更します
[システムの"端末のフォント"を使用する]のチェックをはずします
自分で見易い大きさのサイズに変更します

gnome端末3

[色]を選択します

全景、背景、太字、及び下線
[システムのテーマ色を使用する]のチェックをはずします
組み込みのスキーム: 黒字に白文字

・ntsysvなどのTUI(Text User Interface)の背景色の調整

パレット
組み込みのスキーム: Linuxコンソール

[プロファイル]を閉じます


○プロファイルを指定して起動

・パネルへランチャーを追加し、コマンドにprofileオプションを追加します

gnome端末4

GNOME端末のアイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択します

・利用可能なプロファイルの中から選びます

名前: gnome-terminal
コマンド: gnome-terminal --window-with-profile=ssh
コメント: ssh接続環境です


○文字コードの設定

gnome端末5

gnome端末は 複数の文字コードを選択できます
[端末]→[文字コードの設定]→[追加と削除]を選択します
必要な文字コードを追加します


○ショートカットの変更

・mcとコンフリクトするのでショートカットを変更します

gnome端末6

[編集]→[キーボード・ショートカット]で開きます
[メニューのショートカット・キーを有効にする]のチェックをはずします


○gnome-terminalの起動サイズ

・パネルへランチャーを追加し、コマンドにgeometryオプションを追加します

gnome端末7

GNOME端末のアイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択します

・geometryの値はGNOME端末のウィンドウをマウスで拡大・縮小すると表示されます

コマンド: gnome-terminal --geometry=100x40


○GNOME端末の起動時の配置

・GNOME端末を起動しマウスで端末を移動し起動時の位置を決めます
・端末で"xwininfo"を実行し [端末のウィンドウ]をクリックします
・geometryの設定値が表示されるのでランチャの設定を変更します

[sola@mars デスクトップ]
$ xwininfo

xwininfo: Please select the window about which you
          would like information by clicking the
          mouse in that window.

xwininfo: Window id: 0x2a00004 "sola@mars:~/デスクトップ"

  Absolute upper-left X:  1
  Absolute upper-left Y:  48
  Relative upper-left X:  1
  Relative upper-left Y:  22
  Width: 817
  Height: 532
  Depth: 24
  Visual: 0x21
  Visual Class: TrueColor
  Border width: 0
  Class: InputOutput
  Colormap: 0x20 (installed)
  Bit Gravity State: NorthWestGravity
  Window Gravity State: NorthWestGravity
  Backing Store State: NotUseful
  Save Under State: no
  Map State: IsViewable
  Override Redirect State: no
  Corners:  +1+48  -206+48  -206-188  +1-188
  -geometry 80x24+0+26

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.