○ Sylpheedのインストール

・メモリ消費量の少ない高速起動のメールクライアントを使う
・sylpheed-3.5.1のrpmを作成し、インストールします
・ライブラリはCentOSとEPELのパッケージを使います

・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・ソースを展開したら説明文を読みましょう
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:sylpheed-3.5.1.tar.bz2 (http://sylpheed.sraoss.jp/ja/)

○インストール環境

:OS CentOS 6.9
:selinux disabled or permissive
:インストール先 
:作業 ~/src ~/rpmbuild
:言語 LANG=ja_JP.UTF-8
:ユーザー rootで実行

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○sylpheed-3.5.1

○rebuildに必要な開発パッケージ

・fedoraのspecファイルです
・さらに、依存関連のパッケージを要求されます

BuildRequires: gtk2-devel openssl-devel
BuildRequires: desktop-file-utils pkgconfig gettext xdg-utils
%{!?_without_gpgme:BuildRequires: gpgme-devel}
%{!?_without_compface:BuildRequires: compface-devel}
%{!?_without_ldap:BuildRequires: openldap-devel}
%{?_with_oniguruma:BuildRequires: oniguruma-devel}
%{?_with_jpilot:BuildRequires: jpilot-devel}
BuildRequires: gtkspell-devel
%if 0%{?fedora} > 8
BuildRequires: enchant-devel

・compfaceをEPELから入れます
・その他、必要なライブラリをCentOSから入れます

・EPELのライブラリを入れる

# cd ~/src
[root@mars:~/src]
# yum install epel-release
# yum install --enablerepo=epel compface-devel

・CentOSのライブラリを入れる

# yum install gtk2-devel openssl-devel
# yum install desktop-file-utils pkgconfig gettext xdg-utils
# yum install gpgme-devel openldap-devel oniguruma-devel
# yum install gtkspell-devel enchant-devel

○ビルド & インストール

# cd ~/src
[root@mars:~/src]
# mkdir sylpheed
# cp sylpheed-3.5.1.tar.bz2 ~/rpmbuild/SOURCES

・patchファイル(下記参照)をコピーします

# cp sylpheed-certsdir.patch ~/rpmbuild/SOURCES

・specファイルをコピーします

# tar jxf sylpheed-3.5.1.tar.bz2
# cp sylpheed-3.5.1/sylpheed.spec ~/rpmbuild/SPECS

# cd ~/rpmbuild/SPECS
[root@mars:~/rpmbuild/SPECS]

・specファイルの修正(下記参照)

# vi sylpheed.spec

・パッケージの作成

# rpmbuild -ba --clean --rmsource --define 'dist .mn' sylpheed.spec
# mv sylpheed.spec ~/src/sylpheed
# cd ../RPMS/i686
[root@mars:~/rpmbuild/RPMS/i686]

・作成されたパッケージ
 sylpheed-3.5.1-1.mn.i686.rpm
 sylpheed-plugins-3.5.1-1.mn.i686.rpm

# rm *debuginfo*
# mv *.rpm ~/src/sylpheed
# cd ../../SRPMS
[root@mars:~/rpmbuild/SRPMS]

・作成されたパッケージ
 sylpheed-3.5.1-1.mn.src.rpm

# mv *.rpm ~/src/sylpheed

・インストール

# cd ~/src/sylpheed
[root@mars:~/src/sylpheed]
# rpm -Uvh sylpheed-plugins* sylpheed-3.5.1-1.mn.i686.rpm

・または

# yum localinstall sylpheed-plugins* sylpheed-3.5.1-1.mn.i686.rpm

sylpheed-certsdir.patch

diff -urp a/ssl.c b/libsylph/ssl.c
--- a/libsylph/ssl.c	2015-12-21 14:33:10.000000000 +0900
+++ b/libsylph/ssl.c	2016-01-29 16:44:16.599276937 +0900
@@ -84,7 +84,7 @@ void ssl_init(void)
 					"etc" G_DIR_SEPARATOR_S
 					"ssl" G_DIR_SEPARATOR_S "certs", NULL);
 #else
-		certs_dir = g_strdup("/etc/ssl/certs");
+		certs_dir = g_strdup("/etc/pki/tls/certs");
 #endif
 		if (!is_dir_exist(certs_dir)) {
 			debug_print("ssl_init(): %s doesn't exist, or not a directory.\n",

:sylpheed.spec

・省略

Version: %{ver}
Release: %{rel}%{?dist}
Source: http://sylpheed.sraoss.jp/sylpheed/%{name}-%{ver}.tar.bz2
Patch0: sylpheed-certsdir.patch
License: GPL

・省略

%prep
%setup -q

# customisation for /etc/pki/tls/
%patch0 -p1

%build
export CFLAGS="$CFLAGS $RPM_OPT_FLAGS"
%{configure} --with-plugindir=%{_libdir}/sylpheed/plugins \
${SYLPHEED_CONFIGURE_FLAGS} --enable-ldap --enable-oniguruma
%{__make}

%install

・省略


○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.