○ BlueGriffonのインストール

・BlueGriffonは、ワールドワイドウェブのための新しいWYSIWYGコンテンツエディタです
・Firefoxのレンダリングエンジンを搭載し、Web標準に準拠したWebページを編集できます

・インストール環境に合わせて、bluegriffonを選択します
・CentOS 6.x にはfc16用が使えます

・ソースの取得、削除は省略します
・エディタ、ファイラーの操作は省略します
・Enterキーを省略します

・ログイン端末で "#" はroot、"$" は一般ユーザのプロンプトの記号です
・設定ファイルで "#" で始まる行はコメントとして解釈されます

○関連サイト

:bluegriffon-1.5.2-1.fc16-i686.tar.bz2  (http://bluegriffon.org/)

・メンテナンスの場合は一般ユーザから行います



○bluegriffon-1.5.2

○インストール

[root@mars:~]
# tar jxf bluegriffon-1.5.2-1.fc16-i686.tar.bz2
# chown -R root:root bluegriffon
# mv bluegriffon /usr/lib/

・アイコンのコピー

# cd /usr/lib/bluegriffon
[root@mars:/usr/lib/bluegriffon]
# cp -a chrome/icons/default /usr/share/pixmaps/bluegriffon

・/usr/binに起動コマンドのリンクを作ります

# cd /usr/bin
[root@mars:/usr/bin]
# unlink bluegriffon
# ln -s /usr/lib/bluegriffon/bluegriffon bluegriffon

・/usr/bin/bluegriffonで起動します


○ランチャーの作成

・.local/share/applicationsにbluegriffon.desktopファイルを作成し読み込みます

$ cd .local/share/applications
[root@mars:~/.local/share/applications]
$ nano bluegriffon.desktop

・ファイル詳細は下記参照

:~/.local/share/applications/bluegriffon.desktop

#!/usr/bin/env xdg-open

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=bluegriffon Editor
Name[ja]=bluegriffon エディタ
Comment=Web Development Editor
Comment[ja]=ウェブ開発エディタ
Keywords=programming;code;html;php;python;
Keywords[ja]=プログラミング;コード;HTML;PHP;Python;
Exec=bluegriffon
Icon=/usr/share/pixmaps/bluegriffon/default48.png
Terminal=false
Type=Application
Categories=GTK;GNOME;Development;WebDevelopment;
MimeType=text/html;text/css;application/xhtml+xml;text/mathml;text/xml;

○ランチャーの登録

・スタートメニューにbluegriffon用ランチャを登録します

bluegriffon-touroku

・nautilusで ~/.local/share/applicationsを開き
・bluegriffon.desktopをマウスでダブルクリックします
・[信用できるアプリにする]を選択します
・うまくいけば[メニュー]の[プログラミング]に登録されます

○ Copyright(c) 528p.com All Rights Reserved.