: Log in!

メインメニュー
Google


ウェブ 検索
サイト内検索
トップ  >  Linux09歩  >  2008-12-21 sylpheedのupgrade

20081221 sylpheed-2.6.0にupgradeしました


  Sylpheedのインストール

2.5.0からの変更点

* 新機能
o POP3 サーバ上のメッセージを直接表示・ダウンロード・削除できる、 POP3 リモートメールボックス機能を追加しました。
o 設定ファイルのバックアップを4世代にわたって保存するようにしました。
* 改良
o Enchant (GtkSpell 2.0.13 で使用)に対応しました。
o フィルタルールを自動作成するとき、対象のヘッダの内容をデフォルトのフィルタ名として使用するようにしました。
o 日本語マニュアルを更新しました。
o フォルダ選択ダイアログでは、フォルダビュー上で展開されているフォルダのみを展開するようにしました。
o フォルダ選択ダイアログで選択すべきではないフォルダを選択不可にしました。
o Unix: ローカル mbox から取り込むとき、新着メッセージのみカウントするようにしました。
o Unix: SIGHUP/SIGINT/SIGTERM/SIGQUIT シグナルを処理するようにしました。
o Win32: デバッグモード時でもシステムのシャットダウンイベントを処理するようにしました。
* 修正
o IMAP4 のパーサを修正しました。
o configure スクリプト実行時に出力される --datarootdir に関する警告を除去しました。
o メッセージの差出人をアドレス帳に追加した場合、アドレス帳ウィンドウが更新されなかったバグを修正しました。
o 添付ファイル名に生 JIS が使用された場合に対処しました(具体的には Eudora)。
o GTK+ 2.14.x 使用時のコンパイルエラーを修正しました。
o ビルドに関する修正を行いました。
o その他バグ修正を行いました。


投票数:92 平均点:5.87
前
2008-12-20 Vmware用kernelの再構築
カテゴリートップ
Linux09歩
次
2008-12-22 liboopのサイトを修正